Welcome to HybridMom International School Okinawa!
The Director of Our School

"To develop human resources who are proud as Japanese and who are active in the world"
It is one of HybridMom's childcare philosophy.

In order to respond to the accelerating global society in the future, and the child can move actively,
we nursery teachers are always aware of our children every day.

In particular, the pre-school time  and childcare time are clearly divided,
so that there is an environment in Okinawa Garden where the children can learn both English and Japanese without confusion.

In addition, HybridMom International Okinawa is the nuresery school where is so bright like the sun.

When the atmosphere of the school is bright,
children, parents, and staff smile and everyone becomes positive.
I think that that everyone can spend time with a smile and that time increases a lot will lead to better education and childcare.

Due to the advancement of women's society and changes in the way the young women's thinking, the number of double-income households continues to increase year by year,
so we will continue to strive to operate the nersery school so that it can help fathers and mothers work in a wide variety of ways.

Features

At our nursery, the nursery teachers and  the children spend a lot of time communicating, and we cherish that time more than anything else.
Because we have plenty of time to watch the children, we can realise a safe and high-quality education.
We value the moments spent to come in contact not only with the nursery teachers, but also with excellent preschool teachers, experienced in infant English education.
Every day, we conduct a fun curriculum made from a combination of songs, sensory play and games, and our preschool teachers are also taking part in childcare activities, in order to make English become familiar.

Our Staff

The Leader Nursery Teacher in Okinawa : Minako Hamamatsu

What is the attractive in HybridMom Okinawa?

Since the director respect the feelings of the staff and make them act,

the “mind” improves, and daily childcare and environmental maintenance is high by giving opinions for each other.

In addition, there are some staff who started from zero childcare experience who changed jobs from regular jobs,

so you can learn carefully from scratch.

>>more details (Japanese only)

Nursery Teacher in Okinawa: Yuka Yoza 

What is the uniqueness of HybridMom Okinawa?

It is spacious and cozy.
The Family Day in July usually is held on the beach against the blue sea, and the weather is so blessed and the parents and the children is enjoying.I think that it is only in Okinawa that events can be held in such an environment.

>>more details (Japanese only)

園長挨拶

 

“日本人として誇りを持ち、世界で活躍する人材を育む事” が、
HybridMomの保育理念の一つです。

お預かりしたお子さまが、能動的に動けるよう、且つ
今後加速するグローバル社会に対応できるように、我々保育士は常に意識をしながら日々お子さまと接しております。

特に、プリスクールの時間帯&保育の時間帯を明確に分けておりますので、
英語と日本語の両方を混迷せずに、しっかりと身に着ける環境が沖縄園にはございます。

また、沖縄園は太陽のように明るい園を目指しております。

園の雰囲気が明るいと、子ども、保護者、職員が笑顔になり、皆ポジティブになります。
皆が笑顔で過ごせる事、その時間が沢山増えることがより良い教育、保育に繋がっていくと思っています。

女性の社会の進出・若い女性世代の考え方の変化などにより、共働き世帯は年々増え続けていますので、少しでもお父さまお母さまの多種多様な働き方のお力になれるように、引続き園運営に努めて参ります。

園の特徴

当園では保育士と子どもたちのコミュニケーションを取る時間が多く、何よりもその時間をとても大切にしています。
0歳児3名に対し最低職員1人以上の配置をし、一人一人に寄り添った保育を実施しております。子どもを見る時間に余裕が持てるため、より安全で質の高い保育を実現することができています。
保育士だけでなく、乳幼児英語教育の経験豊富で優秀なプリスクールティーチャーと英語で触れ合う時間を大切にしております。
毎日、歌や感覚遊びやゲームなどを織りまぜた楽しいカリキュラムを0歳から行い、プリスクールティーチャーが保育活動にも参加することで、英語を身近なものにしていきます。
 

職員の紹介

採用情報 (←下線部をクリック)

沖縄リーダー保育士:濱松 美奈子

園の魅力について

意見を出し合う事で毎日の保育や環境整備をより良くしていく「志」が高く、
園長が職員のやりたい気持ちを尊重して行動させてくれます。

又、一般職から転職した保育経験ゼロからスタートした職員もいますので、一から丁寧に学べます。

>>濱松リーダーからのメッセージ、詳しくはこちらから

沖縄保育士:與座 祐香

沖縄園ならではの良さについて

ゆったりとしていて、アットホームな雰囲気です。7月に行われるFamily Dayでは青い海をバックにビーチで行い、保護者や子どもたちはとても喜びます。

こういった環境で行事を行うことができるのも沖縄ならではだと思います。
>>與座保育士からのメッセージ、詳しくはこちらから 

年間行事

実施月 定例行事
保護者会(入園式)
ファミリーピクニック・内科検診
歯科検診・運営委員会
七夕
夏祭り
敬老の日
10 ハロウィン
11 保育参観/保護者会・運営委員会
12 クリスマス会
お正月・内科検診
節分
3 ひな祭り・発表会/卒園式

アクセス

 〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺2-34-22
最寄駅
  • 壺川駅から徒歩10min
  • 奥武山公園駅から徒歩13min
"Molding Global minded thinkers through
Play and Happiness everyday!"